■鳴海カントリークラブ  (愛知県名古屋市緑区鳴海町)

今回は名古屋市緑区にある、鳴海カントリークラブに行ってきました!
鳴海カントリークラブは名古屋市内の市街地に位置する、アクセス便利なゴルフ場です。
市街地にあるとは思えないほど豊かな緑に囲まれ、クラブハウス等も美しいシティコースです。

コースはパー70の5,285ヤードと距離はありませんが、左右が狭く、また池が巧みに配置されているため、 戦略性が問われるコースです。
クチコミ等では狭すぎると不満を言う人もいますが、管理人は戦略的で面白いコースだと感じました。


【料金の目安】
 午後スルー ¥12,000(昼食付き)

【練習場】
 10yd 8打席

このゴルフ場のクチコミを読む

コース詳細&ご予約はコチラ

市街地の中に位置するシティコース。
高級感のあるクラブハウスです。




キレイなロッカールーム。


練習場はネットに向かって打つタイプですが、調整には十分です。


パッティンググリーン近くには滝が流れています。



<1番ホール>
Par4
レギュラーティー 287yd
軽く打ち上げのミドルホールです。
距離が短いのでティーショットはアイアンでも問題なし。


<2番ホール>
Par5
レギュラーティー 415yd
Par5にしては距離が短いなと思ったら、ウッド禁止のホールでした。


左ドッグレッグ後


<3番ホール>
Par3
レギュラーティー 125yd
距離の短いショートホール。飛ばし過ぎに注意。


<4番ホール>
Par4
レギュラーティー 315yd
フラットなミドルホール。池越えのティーショットとなります。


<5番ホール>
Par5
レギュラーティー 485yd
難関のロングホール。中盤の池までは約250ydなので、飛ばし屋は注意。

中盤の池から。


<6番ホール>
Par3
レギュラーティー 132yd
打ち下しのショートホール。グリーン奥はOBとなります。


<7番ホール>
Par4
レギュラーティー 337yd
ミドルホール。セカンドから少し右ドッグレッグのため、ティーショットは中央からやや左がベスト。


<8番ホール>
Par3
レギュラーティー 121yd
鳴海名物、美しい浮き島グリーンのショートホールです。
360度池に囲まれているため、正確な距離感が求められます。


グリーンにかかるめがね橋が絶景です。


<9番ホール>
Par4
レギュラーティー 337yd
右ドッグレッグのミドルホール。
正面のバンカー右狙いで、アイアンでもOK。

グリーン手前にある池がやっかいです。


~休憩~
「CHIDORI」という名前のレストラン。
メニューが豊富で味もおいしく、こだわりを感じるレストランです。



このゴルフ場のクチコミを読む

コース詳細&ご予約はコチラ


余談ですが、毎月10,000円~20,000円のゴルフ代の出費は痛い…という方は、 「投資」で毎月のゴルフ代を稼いでみませんか?
毎月のゴルフ代を稼ぐ方法はコチラ


<10番ホール>
Par3
レギュラーティー 154yd
後半はショートホールから。打ち上げとなるので大き目の番手で。


<11番ホール>
Par4
レギュラーティー 289yd
軽く打ち上げのミドルホール。丘を越えると少しでグリーンです。


<12番ホール>
Par4
レギュラーティー 378yd
長めのミドルホール。軽く右ドッグレッグとなっています。

右ドッグレッグ後。


<13番ホール>
Par5
レギュラーティー 424yd
左ドッグレッグのロングホール。まずは池越えのティーショット。

グリーン手前に池があるので、セカンドはレイアップが無難です。


<14番ホール>
Par3
レギュラーティー 131yd
大きな池越えのショートホール。池の向こうには大きなバンカーがあります。


14番ホールの茶店「さくら茶屋」


<15番ホール>
Par5
レギュラーティー 423yd
右ドッグレッグのロングホール。このホールもウッド禁止です。


右ドッグレッグ後


<16番ホール>
Par4
レギュラーティー 309yd
真っ直ぐなロングホール。
グリーン手前にクリーク、奥に池があるので注意。


<17番ホール>
Par3
レギュラーティー 125yd
フラットなショートホール。確実にワンオンしたいホールです。


<18番ホール>
Par4
レギュラーティー 338yd
最終ホールは広いミドルホール。ティーショットは軽く打ち下し。

グリーン手前には大きな木が。


<おまけ>
帰りの駐車場から。本当に市街地がすぐ近くです。



名古屋市の南東部に位置する緑区は住宅街等で人口が急増し、名古屋市の区の中で最も人口の多い区となっています。
鳴海町はかつて愛知郡鳴海町という町でしたが、1963年に名古屋市に編入されました。
鳴海町は東海道40番目の宿場「鳴海宿」として栄えた他、木綿布を藍で染めた「有松・鳴海絞り」が有名です。


このゴルフ場のクチコミを読む

コース詳細&ご予約はコチラ 毎月のゴルフ代を稼ぐ方法はコチラ



コース選択へ戻る
<スポンサードリンク>





<関連サイト>